車は人と同じ車に乗りたくないとか、珍しい車に乗りたいとか、こだわった車に乗りたいと思う人もいます。
たとえ少々性能が悪くてもお気に入りのクラッシクカーに乗りたい人もいます。
車は、移動手段であると共に人にかっこいいと思われたいとか、ステータスな車に乗って満足感を味わいたいとか自己表現の一つのアイテムになったりします。

なので、車の性能がどうのこうのより、人にどう思われるかを考えて、自分の気持ちを満足させるために、外見を改造する人もいます。
外見を思いっきりお気に入りにして、満足感一杯で乗っていても、あまりにも個性的とか、奇抜に改造してあると、買い取の査定額が低くなってしまいます。
その辺のバランスを取るか、たとえ最低額は下がっても、思いっきりご機嫌な車に乗るかは、オーナーさんの気持ち一つです。

一頃はドレスアップカーが幅を利かせていて買取額も高かったものですが、最近は需要も減ってきてそれ程価値が高くないようです。
そのため、ドレスアップカーに改造する人も少なく、ゆえにドレスアップカーの流通が減りました。
しかし、マニアにはとっては根強い人気なので、需要と供給の原理で、ドレスアップカーの価値が高くなっているという現象が起こっています。

国内よりも海外で、日本の改造車は特に人気がり、高価な額で買い取られた日本の車が海外に輸出されていっています。
輸入に力を入れている買取り専門業者では、チューニング済みの車もそれなりに良い値段をつけてくれるようですが、それでも複数の業者から見積もりを取り、満足のいく買取額で愛車を手離すのが理想です。